ネット仲介のコンサルティング

FrontPage

ネット仲介ビジネス

ネットで営業の代行

ネット仲介業(営業代行業)
ネット仲介業ってなんだ?
実際のネット仲介ビジネスの流れとして簡単に書き出すと、こうなります。

1.事前にリアル店舗と仲介契約(営業代行契約)を結んでおく

2.その店舗のサイトを作ります
相手店舗が元々ウェブサイトを持っている場合、こちらのポ-タルサイト内に作った
相手店舗スペ-スの中に【iframe】でそのウェブペ-ジを埋め込む(URLを入力するだけ)
これにより、相手店舗のサイトがあちこちにできることも防げます。

3.作ったサイトにお問合せや注文が入る

4.リアル店舗にその情報(お問合せや注文)を流す

5.売買成立を確認、仲介手数料をいただく

1.については

*客単価が高い業種や顧客争奪戦が激しいところは、形が完全成果報酬で、いつでも
契約破棄してもらってもいいということにしているので抵抗感が少ないです。
初期費用がかかるわけでなし嫌になったら途中でやめてもいい、その途中解約に対するペナルティもない。
いつでも以前の状態に戻ることができるわけです。
実績さえ出れば普通に契約は固定されます。

2.については

*こちらが作ったサイトで申し込みされた顧客にメリットがあるようにします。
そのメリットは売買が成立した後に受け取れるようにして置きます。
こちらのサイトで買う理由をつける事が色んな意味で大事な事となります。
リアル店舗の店長(または事業主)さんが2つの店舗サイトある事を嫌がりそうと思われますが、「貴方の店にくるお客さんに対して入り口を増やすってことなんです」というと納得してもらえます。

3.について

*将来的にはすべてのメ-ルをデ-タベ-ス化していきます。
問合せデ-タをリスト化できたら、ものすごい武器になります。

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional